借地権とは

借地権とは

借地権って何?

不動産の賃借について

不動産を賃貸する時には法律に基づいて行為が行われる事になります。
例えばある土地を借りる時は、その土地の所有権者から土地を借りる事になります。
そしてその時は賃借契約を当事者の間で結ぶ事になってきます。
そしてその契約書のなかにはさまざまな条項が設けられる事になります。
賃借人はその契約書に同意して行為を行う事になってきます。
このように不動産を賃借する時に出てくるのが賃借権になってきます。
この法律用語は不動産の賃貸借の時によく出てきます。
ですのでそれなりの認知度もあるものと思います。
この借地権と言うのは、賃借人が土地を優先的に借りる事ができる権利になってきます。
それゆえ賃借人のほうもその契約に特に問題がなければ、不動産を賃貸する義務を負う事になります。
この賃借権の対象となってくるのが地上権や土地賃借権、また地役権や永小作権などになってきます。

権利をよく理解する必要があります

このなかで地上権と言うのは、他人所有の土地を借りて、その土地にできる工作物の所有を得るために土地を使用する権利になります。
そしてその土地にある工作物が建物であれば、借地権を主張する事ができます。またこの場合は借地借家法で保護される事になります。
また地役権は、こちらの土地に都合がよくなるように他人の土地を使用する事ができる権利になってきます。
例えば他人の土地を通る水道を作ったり、その土地に有害な建物を建築させないようにする事もできます。
そして入会権は、例えば村落など体において山林の土地を所有している方に対して、伐木や採草などをする事を主張できる権利になります。
これらは慣習的な物権になってきます。
またこの入会権と言うのは、土地のみでなく入会団体における所有物に対してもその権利を主張する事ができます。
土地の賃借権は土地の賃貸借契約によって土地を賃借する権利の事を言います。
そしてこのような借地権がある方は、土地の固定資産税を支払う必要はありません。
この固定資産税と言うのは、土地の所有者が納付する義務を負っています。
しかしこの借地権者は、土地の所有者に地代を支払う事になっています。
このなかに土地の固定資産税が含まれている事もあります。
このように不動産の賃貸を行う時はさまざまな法律が絡んでくる事になります。
またその時に賃借権が問題になってくる事もあります。
それゆえ賃借人も法律をよく理解しておく必要があります。
不動産を賃借する時は十分に注意してください。

「ワードサーチ」は日常雑学・各種専門用語や業界用語などの意味を初心者にも分かる様に解説している用語集サイトです。
IT用語、お金・投資用語、ビジネス用語、日常雑学用語等を調べる際にご活用くださいませ。
「借地権とは」の意味は、下記をご参考くださいませ。

日常雑学用語

ビジネス用語

IT用語

お金・金融用語

このページの先頭へ