啓蒙とは

啓蒙とは

啓蒙(けいもう)って何?

歴史を振り返ってみる

過去の歴史を振り返ってみるとさまざまな思想を見る事ができます。
またその思想を唱える思想家の方たちもたくさん出てきました。
それらの思想を見てみると、その全てを受け入れる事が出来る方もいれば全く受け入れる事ができない方もいるでしょう。
思想自体を受け入れたり、また拒否するのは各自の自由になってきます。
それゆえ第三者が口出しする事はできないと思います。
しかしその思想を受け入れた後、将来違う思想を彼らが唱える事もあります。
そしてその新しい思想をまた別の方たちが受け入れる事になってくると思います。
このように思想と言うのはそれぞれの時代によって生まれてくるものではないかと思います。

歴史に見る思想家たち

例えば啓蒙と言う言葉があります。
歴史の勉強をした事がある方は一度は聞いた言葉ではないかと思います。
この啓蒙と言う言葉ですが、啓はひらく、また蒙ははくらいの意味になってきます。
それゆえ多くの方たち正しい知識を与えて、そこで理にかなうような合理的な考え方を行う事ができるように教え導く行為になってきます。
この思想は多くの方たちに伝わっていく事になります。
歴史を振り返ってみると啓蒙思想と言う教えもあります。
これは17世紀末にヨーロッパで起こり、その後18世紀に盛えた革新的な思想になります。
そこでは合理的もしくは批判的な精神によって、キリスト教の教えである伝統的権威また古い思想を批判して、本来の意味における思想を説いていきました。
この啓蒙思想を唱えた思想家もたくさんいます。
例えばフランスのモンテスキューやイギリスのロックやヒューム、そしてドイツではレッシングが挙げられます。
この啓蒙思想が後のフランス革命に大きな影響を与えました。それ程革新的な思想だったのです。

今後の思想にについて

このように思想と言うのは多くの方たちに影響を与える事になります。
またその思想が多くの方たちに受け入られる事によって時には革命が起きる事もあります。
それは歴史が証明しています。
それゆえ私たちにして取ってこの思想と言うのはとても大切なものなのかもしれません。
またその思想が将来大きな影響を及ぼしてくる事もあります。
よく歴史は繰り返すとも言います。
ですので過去に一度出てきた思想が将来また復活する事もあるかもしれません。
それゆえ私たちもこの思想についてもう少し学んでおく必要があると思います。
過去の歴史を振り返って、その当時の思想がどのような役割を担っていたのかを理解しておくのもいいと思います。

「ワードサーチ」は日常雑学・各種専門用語や業界用語などの意味を初心者にも分かる様に解説している用語集サイトです。
IT用語、お金・投資用語、ビジネス用語、日常雑学用語等を調べる際にご活用くださいませ。
「啓蒙とは」の意味は、下記をご参考くださいませ。

日常雑学用語

ビジネス用語

IT用語

お金・金融用語

このページの先頭へ