区分所有法とは

区分所有法とは

区分所有法って何?

法律にもいろいろあります

私たちは毎日それぞれの住居で生活をしています。
この住居には一戸建てやマンション、またアパートなどいろいろな種類があります。
そしてこの不動産についてはさまざまな法律が存在していますので、私たちはそれに従う事になります。
この不動産関係の法律のなかに区分所有法と言うものがあります。
法律を勉強している方、また法律に興味がある方であればご存じの方も多い事でしょう。
この区分所有法と言うのは、1棟の建物を区分してその区分されたカ所の所有関係を定めたり、敷地や建物などの共同管理について規定した法律になります。
現在マンションにお住まいの方も多いと思います。
マンションにもこの法律が適用される事になります。
マンションと言うのは一つの大きな建物のなかを区分したものになります。
そしてその区分された部屋は実際に購入した方がその所有権を持つ事になります。
このように所有者が単独所有した部分が専有部分になります。
しかしマンションに住んでいる方は当然それ以外のものも利用する事になります。
この住戸部分には、例えば建物の外壁やエレベーター、またエントランスや廊下、そして駐車場や駐輪場などの敷地があります。
もちろんマンションによって変わってくる事もあります。
この区分所有者は自分の部屋以外にもいつも共有している部分を持っている事になります。
それゆえこのような共有部分をどうするかになってきます。

今後も時代に即した法律になって行く事でしょう

このようなマンションみたいな建物であれば、自分の専有部分以外にも毎日使用する部分が当然出てくる事になります。
ですのでそこは区分所有法によって定める必要が出てくるのです。
例えばマンションなどの区分所有者は、不可分である1棟の建物も所有している事になります。
それゆえそのような部分も専有部分と同様に管理する必要が必然と出てくる事になります。
この法律はそういう時にどうすればいいのかを決めるために存在している事になります。
この区分所有法と言うのはそう言う権利関係について規定した法律になります。
またその他にも団地関係についての管理などの規定もあります。
またこの法律は過去に昭和58年と平成14年の二回大きく改正されています。
法律と言うのは私たちの生活を守るために存在している事になります。
ですのでその法律がその時代に合わなくなれば改正されていく事になります。
この区分所有法もまた同じです。
私たちの毎日の生活を守ってくれるとても大切な法律なのです。

「ワードサーチ」は日常雑学・各種専門用語や業界用語などの意味を初心者にも分かる様に解説している用語集サイトです。
IT用語、お金・投資用語、ビジネス用語、日常雑学用語等を調べる際にご活用くださいませ。
「区分所有法とは」の意味は、下記をご参考くださいませ。

日常雑学用語

ビジネス用語

IT用語

お金・金融用語

このページの先頭へ