比例代表制とは

比例代表制とは

比例代表制って何?

選挙制度について

私たちは選挙によって代表となる政治家を決めています。
また現在の国会には衆議院と参議院が存在しています。
そしてこのそれぞれの選挙に対して比例代表制が導入されています。
この比例代表制と言うのは、選挙の時に各政党が獲得した得票率によってそれぞれの議席数が決まる制度になります。
そしてこの時の得票率と言うのは、その獲得した得票数を有効得票総数で除した値になってきます。
現在の選挙はこの比例代表制と小選挙区制を併用して行われています。
それゆえ例え小選挙区制の選挙によって落選しても、比例によって復活して当選する事もできるのです。
小選挙区制で落選しているのに、どうして比例で復活するのか疑問に思っている方も多いと思いのます。
しかしこれらの両制度があるのでそう言う事も起こってくるのです。
選挙の時にはよく復活当選をする方を見かける事もあります。

今後は改良されていく可能性もあります

さてこのように日本の選挙は比例代表制を導入して行われる事になります。
この制度のメリットと言うのはどういう事なのでしょうか。
この制度で選挙を行うと死票を減少させる事が可能になります。
要するに少数意見を最も反映しやすくなってきます。
しかしデメリットもあります。
それはこの制度で選挙をすると、小政党が分立して不安定な政権を生みやすくなってくると言う事です。
そして日本では議席の配分としてドント式が採用されています。
この方式は各政党の当選議席数が分かると、その政党の候補者名簿の上位から順に議席を割り振ります。
ですので候補者名簿の下位に名前が掲載されている方は当選率も下がってくる事になります。
そして実際の選挙では、投票する時に政党名、また候補者名のどちらを記入する事もできのます。
この日本の選挙制度も今まで何回か変わってきました。
以前の日本の衆議院選挙では中選挙区制が採られていました。
しかしそれも改正されて現在のような選挙制度になってきました。
選挙制度にはそれぞれいい面や悪い面があります。
それゆえ完璧な選挙制度と言うのはないのかもしれません。
ですのでそれぞれのいい面また悪い面をよく見直して、将来的に一番メリットが多いような選挙制度を作りあげていけばいいのではないかと思います。
私たちの将来の事に関していろいろと議論するのが国会になってきます。
それゆえその代表を決める選挙も最も公平なものにしてもらいたいと思います。
全員が納得するような選挙制度が実現すれば投票率も上がってくるかのもしれませんね。

「ワードサーチ」は日常雑学・各種専門用語や業界用語などの意味を初心者にも分かる様に解説している用語集サイトです。
IT用語、お金・投資用語、ビジネス用語、日常雑学用語等を調べる際にご活用くださいませ。
「比例代表制とは」の意味は、下記をご参考くださいませ。

日常雑学用語

ビジネス用語

IT用語

お金・金融用語

このページの先頭へ