良肢位とは

良肢位とは

良肢位(りょうしい)って何?

毎日の生活様式が大切になります

私たちは毎日体を動かす事によって活動を行っています。
この体が動かくなったら毎日の生活にも支障をきたす事になります。
ですのでその行動には注意する必要があります。
人間の体にはいろいろな機能が備わっています。
例えばそのなかに良肢位があります。この言葉をご存じの方も多いかもしれませんね。
これは人間の各関節に取って最も負担が少なくする角度の事を言います。
この良肢位はそれぞれの関節によって変わってきます。
例えば膝の場合、その膝がまっすぐになった状態から少し曲げた形になります。
全ての位置が基準になってきます。
それゆえこの位置から離れた角度に関節を曲げるとその負担も大きくなってきます。
それによって関節にも大きな影響が加わってくる事になります。
その状態が続くとそれが疲労になって表れてきます。
それを回避するためにも、毎日の生活ではこれら各関節を可能な限り良肢位に近づける事が必要になってきます。
またその事を注意する事によって疲労も減少させる事ができます。

生活様式を変えてみる

例えば日本の昔からの慣習のなかに正座があります。
この正座は現在もよく行われています。またその他のものもあります。
これら昔からの生活慣習を続ける事によって関節への負担も大きくなってくる事があります。
最近は日本の生活様式もだいぶんと変わってきました。
畳の生活からベッドなど洋式の住まいをする方も多くなってきました。
当然畳の生活よりもテーブルなどの生活のほうが関節に対しての負担も減少してきます。
高齢者の方のなかにはこの関節の病気になっている方も増えています。
これは昔からの生活慣習が影響してきているのかもしれませんね。
それゆえ高齢者の方のなかで関節に支障がある方は、現在の和式の生活を洋式の生活に変えてみるのもいいかもしれませんね。
現在でもこの和式の生活を送っている方は結構多いのではないでしょうか。
このように毎日の生活慣習が人間の体に大きな影響を与える事も多くなってきます。
ですのでいつもこの良肢位に注意して生活をする必要があります。
少しでもこの位置に近づくように関節を動かすようにしてください。
またそれを習慣づける事が大切なのかもしれません。
それによって各関節に対しての疲労も抑える事ができます。
各自が毎日の生活に注意する事によってそれも可能になってきます。
それゆえこの良肢位をいつも頭のなかに入れて行動するのが理想的になってきます。
無理な姿勢をとらないことが大切です。

「ワードサーチ」は日常雑学・各種専門用語や業界用語などの意味を初心者にも分かる様に解説している用語集サイトです。
IT用語、お金・投資用語、ビジネス用語、日常雑学用語等を調べる際にご活用くださいませ。
「良肢位とは」の意味は、下記をご参考くださいませ。

日常雑学用語

ビジネス用語

IT用語

お金・金融用語

このページの先頭へ