ベアとは

ベアとは

ベアって何?

景気に左右されやすい

最近は不景気の影響もあり、会社の給料もなかなか上がらなくなってきました。
その影響もあり消費行動もなかなか上向きにならなくなっています。
そうなってくると仕事に対しての意欲もわいてこなくなってしまいます。
ですので早く景気がよくなってもらいたいものです。
この景気の判断の目安になってくるのがベアではないかと思います。
このベアと言うのはベースアップの略称になってきます。
このベースアップと言うのは好景気の時は会社の収益を従業員に還元し、またインフレの時は所得の目減りを調整する効力があります。
今までは不景気のため、毎月の給料やボーナスなどのベースアップも期待できませんでした。
特にボーナスがカットされる企業も結構ありました。
しかし最近はこのベースアップも少しではありますが、上昇傾向になってきているのではないでしょうか。
その証拠に公務員の給料やボーナスも少しながら上向いてきているようです。
それによって民間企業も今後もベアのほうも上向いてくるかもしれませんね。
このベアが上向く事によって私たちの労働意欲も向上してくるかもしれませんね。
またそれによって消費行動も活性化され、好景気へとつながっていく可能性があります。

賃金アップの目安

このように給料のベースアップと言うのは私たちの生活に大きく影響してくる事になります。
最近は会社内の内部留保なども問題になっています。
この内部留保が解消されれば、従業員にも利益が還元される事になります。
それがベースアップの役目を担う事にもなってきます。
従業員の給料やボーナスが上がる事によって、労働に対しての意欲も高くなってきます。
そして家計では消費行動に拍車がかかってくるもしれません。
貨幣の流通量が増えてくると自然と経済も活性化されてくる事になります。
そしてそれによって雇用の増大が実現してくる事になります。
最近は非正規雇用の方も多くなっています。
求人が多くなっているのは事実ですが、その大半はこの非正規雇用の求人になっているのです。
ですので正規職員を望んでいる方にしてみたら、とても大変な社会になっている事になります。
しかしベースアップによって景気が上向いてくれば、正規雇用の求人数も増えてくるかもしれませんね。
そうなると雇用の増大にもつながってくる事になります。
仕事と言うのは人間に取ってとても大切なものになってきます。
そしてその賃金が労働意欲に大きな影響を与えてくる事になります。
今後もこのベースアップに注目してみたいと思います。

「ワードサーチ」は日常雑学・各種専門用語や業界用語などの意味を初心者にも分かる様に解説している用語集サイトです。
IT用語、お金・投資用語、ビジネス用語、日常雑学用語等を調べる際にご活用くださいませ。
「ベアとは」の意味は、下記をご参考くださいませ。

日常雑学用語

ビジネス用語

IT用語

お金・金融用語

このページの先頭へ