アサーティブとは

アサーティブとは

アサーティブって何?

アサーティブとは

「アサーティブ(Assertive)」とは、“自己主張”や“自己表明”などと訳される言葉です。
自己啓発やビジネスなどの場面で取り上げられる「アサーティブ」は、自分と相手それぞれの権利を大切にするというコミュニケーションの技法や方法論のことを指します。
“自己主張”と言っても、自分の意見を押し通すのではなく、相手の意見も尊重しつつ、お互い思っていることを率直に、誠実に、対等に話すという姿勢が「アサーティブ」なのです。
「アサーティブ」は、“アサーティブネス(Assertiveness)”という名詞形でも使われます。

アサーティブなコミュニケーション

コミュニケーションの仕方には、“攻撃的”、“受身的”、“作為的”など、いくつかのパターンがあります。
“攻撃的”なコミュニケーションは、相手を尊重することなく、自分の感情を爆発させて、相手を傷つけます。
“受身的”なコミュニケーションは、遠慮して自分の主張を言い出せず、攻撃的なコミュニケーションをとるタイプの人に傷つけられることがあります。
“作為的”なコミュニケーションは、人と正面から向き合えず、自分の本心を表に出さずに、遠回しな言い方や、皮肉・トゲのある言い方で伝えたり、後で仕返しをするなどの方法で人を操り、自分の望みを叶えようとします。
「アサーティブ」なコミュニケーションは、上記のいずれのパターンにも属さない、理想的なコミュニケーションの形です。自分の権利、相手の権利をそれぞれ尊重した上で、自分の気持ちや意見などを、その場に相応しい言い方で表現するため、効率の良いコミュニケーションができるようになります。
自分の気持ちを誠実に率直に伝えることによって自己肯定感が増し、また、相手への接し方・向き合い方を知ることによって、対人関係のストレスも軽減されるのです。
相手とのより良い関係を望むのであれば、それまでの自分のコミュニケーションの方法を振り返り、変えていく必要があるかもしれません。

アサーティブ・マインド

「アサーティブ」なコミュニケーションを実践するための心構えとして、
(1)誠実、(2)率直、(3)対等、(4)自己責任
という大切な4つの柱があります。
この4つを心に留め、価値観の異なる相手ともきちんと向き合う姿勢が望ましいと言えます。
そして、自分が言ったことに対しては(何も言わなかったとしても)責任を持つことです。

「ワードサーチ」は日常雑学・各種専門用語や業界用語などの意味を初心者にも分かる様に解説している用語集サイトです。
IT用語、お金・投資用語、ビジネス用語、日常雑学用語等を調べる際にご活用くださいませ。
「アサーティブとは」の意味は、下記をご参考くださいませ。

日常雑学用語

ビジネス用語

IT用語

お金・金融用語

このページの先頭へ