トラウマとは

トラウマとは

トラウマって何?

■トラウマとは?

トラウマとは心的外傷のことを指します。
外的内的問わず精神的に大きな衝撃を受けたことによって、長い間にわたってその印象にとらわれてしまう状態を指すことが多くあります。
継続して大きな苦痛を伴ってしまう場合には、医療機関等で心的外傷後ストレス障害(PTSD)と診断されることもあります。

■トラウマの原因

人それぞれトラウマとなってしまう原因は多くありますが、特に幼少期の大きな衝撃を受けた記憶が元となっている例は多く、児童虐待や犯罪に巻き込まれた経験のある方にはトラウマが残ってしまうことが多くあります。
また災害や事故においてもこのような記憶がフラッシュバックしてしまい、社会生活において不自由を強いられてしまう例もあります。
このような体験をすることによって精神的防御反応が働き、トラウマの典型的な症状が見られるようになります。
女性の場合は軽いヒステリー状態となることもあり、短い時間の感情の起伏を継続して発作的に発生させてしまうことも多くあります。
社会への適合をしていくためには、トラウマの弊害を理解して専門的な治療を行っていくことが求められます。

■症状

精神的に不安定になってしまい不安を感じやすくなります。
不眠となることもあり、活動の範囲が限られてしまいます。
またトラウマの原因となった障害や事柄からの回避傾向が見られるようになり、消極的な行動が目立つようになります。
原因が広範囲に及ぶ場合には、多くの行動ができずに引きこもりとなってしまうこともあるため、治療にはとても時間がかかることもあります。
命の危険やそれに相当する衝撃となった際には追体験を感じることもあります。
これを俗にフラッシュバックといい、記憶の片隅に隠れていた経験が今起こっている出来事のようによみがえります。
このような状態となるとパニックを起こしてしまうことも多く、精神的なショックは大変大きなものとなります。
さらに記憶障害は多くのトラウマに潜んでおり、記憶障害の自覚がなくても断片的に忘れてしまっている事柄も多くあります。
自分の意識以外で精神の防御反応が起きると、このような軽い記憶障害となります。

■治療法は?

専門的な治療法が必要と判断されることが多く、医療機関でのカウンセリングを行って治療方針の決定がされます。
薬物療法と精神療法の2つが行われることが多くなっています。
また定期的なカウンセリングによって、トラウマを感じてしまった時の自分と今現在の自分とを切り離して考えられるようにし、少しずつトラウマを軽いものとしていくことが大切です。

「ワードサーチ」は日常雑学・各種専門用語や業界用語などの意味を初心者にも分かる様に解説している用語集サイトです。
IT用語、お金・投資用語、ビジネス用語、日常雑学用語等を調べる際にご活用くださいませ。
「トラウマとは」の意味は、下記をご参考くださいませ。

日常雑学用語

ビジネス用語

IT用語

お金・金融用語

このページの先頭へ