不整脈とは

不整脈とは

不整脈って何?

■不整脈って?

脈拍は一定の間隔リズムにて感じられなくてはいけません。
不整脈では一定の間隔ではなく空白時間や連続性が存在することの状態を言い、心臓もしくは重要な血管内に疾患があるおそれがあります。
このような不整脈は触診や聴診で見つかることとなりますが、より詳しい検査は心電図によってその種類を特定し、不整脈の種類に応じての治療を行うこととなります。
自己判断でも見つかることはありますが、少しの変化では見逃してしまうことが多くなっています。
そのため不整脈の検査は医療機関にて医師の判断が重要となっています。

■不整脈は誰にでもある?

実は不整脈は成人の方であれば少なからず持っているものとなっています。
不整脈でありながら気づかないことも多く、身体検査や健康診断にて指摘を受ける方も多くいます。
その際には重大な疾患との関わりを調べることとなりますが、一般的な不整脈は放置しておいても問題のないものがほとんどです。
希に大きな疾患が疑われることがあるので、その際には精密検査を受けて原因の特定を行っておくことが必要となります。
治療を必要とする不整脈であるか否かは、自分で判断することはできません。
必ず医師の判断を仰いで、適切な指導を受けるようにすべきです。
場合によっては心不全や湿疹や発作などを起こす危険があるため、しっかりとした対処が必要です。
また脳梗塞を併発する例もあるため、心臓付近の疾患だけでなく体全体の疾患を疑うことも珍しくありません。

■なぜ起こってしまうのか

不整脈の原因は動脈の疾患や先天性のものなど、心臓に起因するものが多くあります。
また甲状腺異常や肺に病気がある方は不整脈になり安い傾向があるため、注意が必要と言われています。
また心臓に疾患等がなくても、加齢やストレス、睡眠不足などによっても起こることがあるため、生活環境の改善も大切な治療の一つとなります。
心臓は1日に約10万回も振動しており、様々な原因で不規則な動きをしてしまいがちです。
不整脈は誰にでも起こり得るもののため、治療が必要な場合には適切に対処することが重要です。

■代表的な症状

不整脈の代表的な症状としては、早い脈と遅い脈があります。
早い脈ではドキドキとする動悸が感じられるようになり、より脈が速まることにより寝室債動を引き起こし、心臓が送り足す血液量が少なくなってしまうことがあります。
自学症状としては吐き気や冷や汗、意識消失などの症状が出ます。
遅い脈では、ちょっとした動きでめまいを起こしたり卒倒しやすくなります。
このような状態が長時間続くことで、様々な動作を行う際に息切れをしてしまうようになります。
またこの2つの症状の他に脈が飛んだり抜けてしまうこともあります。
この不整脈では胸の不快感を感じたり痛みを感じることが多くあるので、医療機関にて検査を受け治療を行うことが必要となります。

「ワードサーチ」は日常雑学・各種専門用語や業界用語などの意味を初心者にも分かる様に解説している用語集サイトです。
IT用語、お金・投資用語、ビジネス用語、日常雑学用語等を調べる際にご活用くださいませ。
「不整脈とは」の意味は、下記をご参考くださいませ。

日常雑学用語

ビジネス用語

IT用語

お金・金融用語

このページの先頭へ