インフラとは

インフラとは

インフラって何?

■ニュースなどで聞く事も多くなっています

私たちがよく聞く言葉のなかにインフラと言うものがあります。ご存じの方も多いかもしれませんね。これは例えばニュースなどででもよく流れています。
このインフラと言うのはインフラストラクチャーの略称になってきます。
本来は下部構造と言う意味合いになります。そしてこの下部構造と言う意味が拡大解釈されて、いろいろ意味でとらえられる事も多くなっています。
それは私たちの毎日の生活をする時の基礎となる設備を示唆する事もあります。
そして狭義の意味では、道路や上下水道、またダムや通信施設、そして鉄道など、産業の基礎なるものを示す事になります。
また広義の意味では病院や学校、また公園や福祉機関のような、私たちの生活の元になるものを示唆する事になります。このように私たちの社会のなかで、皆が共有するような性質のものになってきます。
そこではその設備が個人のものであれば該当しませんが、それが国や自治体が主体となって行うものであれば該当してきます。
要するに社会的な共有と言う性質があるのかどうかによって決まってくる事になります。ですので私たちの生活にとても密着したものになってきます。

■生活に密着したものになっています

このようにインフラと言うのはとても大切なものになってきます。例えば最近は自動車も性能もとてもよくなってきました。
各メーカーは燃費がいい自動車の開発に研究を注いでいます。
いかにして地球に優しい自動車を作る事ができるか、これは私たちの生活にも密接にかかわってきます。
そのなかに電気自動車があります。この電気自動車は排気ガスもなく、また電気で動く事ができるので地球にもとても優しくなっています。
また電気代もガソリン車と比べても安くなってきます。ですのでこの電気自動車を宣伝するメーカーも多くなっています。
しかし電気自動車と言うのは毎回充電をする必要があります。
自宅であればいいのですが、これが街中になるとそうたくさんの充電器が備わっているわけではありません。
要するそこでは整備が整っていない事になります。これもよくニュースなどで報じられる事もあります。この整備が整わないと全国的に電気自動車が普及するのは難しいのかもしれません。
また会社の正規職員と非正規職員についてもいろいろと論じられる事があります。
それは非正規職員の社会保障の件です。ここでも正規職員と比べてこの非正規職員のインフラ整備が遅れていると言われています。
このようにインフラと言うのは私たちの毎日生活のなかにとても密着したものなります。

「ワードサーチ」は日常雑学・各種専門用語や業界用語などの意味を初心者にも分かる様に解説している用語集サイトです。
IT用語、お金・投資用語、ビジネス用語、日常雑学用語等を調べる際にご活用くださいませ。
「インフラとは」の意味は、下記をご参考くださいませ。

日常雑学用語

ビジネス用語

IT用語

お金・金融用語

このページの先頭へ