発達障害とは

発達障害とは

発達障害って何?

■発達障害とはどのようなものか

発達障害は病気とは異なります。
いくつかのタイプに分類されており、代表的なものとして「自閉症」、「アスペルガー症候群」、「学習障害」などがあります。
このような症状は生まれつき脳の一部機能に障害があるものとなっていますが、同じタイプでも個人差がとても大きくなっています。
接する際には観察をして大きな刺激をしないように注意することも必要とされています。

■発達障害のサイン

生まれてすぐ、または生まれる前にも発達障害とわかることがありますが、多くは1歳を迎えるあたりで典型的な症状が現れるようになっています。
特に対人関係において通常の反応を示さなくなり、集団行動などにおいて苦手と感じることが多くなっていきます。
また一見普通に見えても、自分のことしか話すことなく全く人の話を聞かないことや、感情の起伏が激しいなど、会話を行う際に相手に気を遣わせることが多くなっていきます。

■成長と共に現れる症状

小さな子供の頃には発達障害と気づくことがなくても、思春期や青年期に大きな症状に気づくことがあります。
自分と他人との違いや対人関係について悩んでしまうことも多く、不安に対して過敏になったりうつになってしまうこともあります。
社会人となると自覚症状となることもあり、自ら病院で相談をする方も多くなっていきます。
ですが前向きに考えられる方が多く、障害を理解して上手に付き合っていくことができるように工夫をしていくことができています。

■治療法について

発達障害の治療はとても難しさを伴います。
幼年期には専門の療育を行うことによって集団活動への自然な参加ができるようになりますが、コミュニケーション能力には個人差があるため、療育を開始したからといってすぐに適応できるとは限りません。
長い目で見守ることが大切となります。
成人になってからの治療では、自分自身で理解をして対人訓練やリハビリを行っていくことが必要となります。
各地域に発達障害者支援センターがあるので、医療機関だけでなくこのような施設を利用しての治療が適していると言われています。

■発達障害の方との付き合い方

発達障害の方と上手に付き合うためには、その方を理解することが重要となります。
どのような機会で他の方と違う状態になってしまうかを理解しておくことで、自然とコミュニケーションを深めていくことができるようになり、適切な付き合いを行えるようになります。
ですが何よりも本人がしっかりと認識していないと、周りに気を遣わせてしまう機会ばかりが先行してしまい、積極的に付き合いを持とうとする方が少なくなってしまうのが残念に感じられます。
発達障害であると本人が気づいていない場合には、付き合い方もより多くの工夫が必要となります。

「ワードサーチ」は日常雑学・各種専門用語や業界用語などの意味を初心者にも分かる様に解説している用語集サイトです。
IT用語、お金・投資用語、ビジネス用語、日常雑学用語等を調べる際にご活用くださいませ。
「発達障害とは」の意味は、下記をご参考くださいませ。

日常雑学用語

ビジネス用語

IT用語

お金・金融用語

このページの先頭へ