公益財団法人とは

公益財団法人とは

公益財団法人って何?

■法人と言うのは

私たちの周りにはとてもたくさんの会社があります。
現在はネット社会と言う事もあり、自分で会社を設立してインターネット事業を行う方も多くなっています。
以前と比べて今は一人でも会社を興す事ができるようになりました。
ですので個人で会社を設立する方も多くなっています。
このような会社の事を法人と言います。
そしてこのような会社形態の法人の中には、株式会社と合同会社、そして合名会社と合資会社の4つの法人が存在しています。
これらの名称を聞いた事がある方も多いかもしれませんね。
株式会社はご存知の方も多いと思います。
またその他の会社の名称も聞いた事がある方いると思います。
そしてこれら会社形態以外の法人として、一般社団法人と一般財団法人、そして特定非営利活動法人の3種類の法人があります。
これら法人はそれぞれの目的を持って活動しています。
そしてこの一般の財団法人のなかに公益財団法人があります。

■財団法人って何?

この公益財団法人と言うのは一般財団法人に属しています。
この法人は公益事業を主として行っています。
そしてこられの法人は申請によってその公益性が認定された社団法人になります。
法人の申請時にはまず一般財団法人の設立申請をし、そしてその次に公益認定の申請を行います。
この法人は、「公益社団法人及びその認定等に関する法律」が平成20年12月1日に施行された事によって認められた法人になります。
そしてこの法律によって一般の財団法人と公益の財団法人とに分かれました。
この公益が目的となった財団法人として認められるのは主に公益を目的とした23の事業に限定されていますこれら23の事業は法律で規定されています。
そして公益財団法人の設立登記を行った後は行政庁に公益認定の申請をする必要があります。

■財団法人のメリットについて

この財団法人の設立におけるメリットと言うのはどう言うものでしょうか。
まず他の法人と比べてその運営が自由になっていると言う事です。
この運営と言うのはとても重要な事です。
また公益財団法人設立する事によって税制の優遇措置を受けられます(これは非営利型法人に限定されます)また同様の運営目的であるNPO法人と比較子していろいろと制約も減ってきます。
それゆえ運営もしやすくなってくるのかもしれません。
また株式会社に比較して法人を維持するコストがあまりかからない、と言う事になってきます。
このように公益財団法人は他の法人と比べてもメリットが多くなっているのです。

「ワードサーチ」は日常雑学・各種専門用語や業界用語などの意味を初心者にも分かる様に解説している用語集サイトです。
IT用語、お金・投資用語、ビジネス用語、日常雑学用語等を調べる際にご活用くださいませ。
「公益財団法人とは」の意味は、下記をご参考くださいませ。

日常雑学用語

ビジネス用語

IT用語

お金・金融用語

このページの先頭へ