各位とは

各位とは

各位って何?

■各位とは

皆さんは「各位」という言葉を見たことはあるだろうか。
仕事をしていると、メールや書類などに「関係者各位」や「従業員各位」などのように使われているのを目にする。
しかしこの「各位」という言葉、意味はなんとなく分かるけど、正しい使い方を知っている人は意外と少ないのではないだろうか。
ビジネスの場面で使う機会が多いこの言葉、失敗しないために知っておくべきことをまとめてみた。

■目上の人にも目下の人にも

まず、各位の意味について確認していく。
基本的には「~各位」と使われていれば、「~の皆さま」という意味になる。
「関係者各位」ならば、「関係者の皆さま」といった具合だ。
そして、この各位という言葉は、主に目下の人に対して使われる言葉というイメージを持っている人も多いだろう。
上司から部下への文章には使われるが、部下から上司への文章へは適切ではないと思っている人も多いかもしれない。
しかし、実際には目上の人にも使用することができる。
各位という言葉には、敬意が含まれており、目上の人に使っても失礼に当たることはない。

■誰にあてた文章か

一般的に宛名というものは、書類の頭につけて、誰に対しての文章なのかを表す。
書類の先頭に「従業員各位」と書いてあれば、それは従業員全員に宛てた文章となる。
しかし、「各位」という言葉は複数の人に対して使うもので、個人に宛てた文章に使うのは適切ではない。
その場合は「(個人名)様」を使う方が適切である。
また1つの企業に向けて書類を書くときは「御中」を使う。
このように、誰に向けた文章なのかで、使う言葉が変わることに注意しなければならない。

■やってはいけない使い方

上記したように「各位」には本来、敬意が含まれている。
そのため、「~各位様」のように使ってしまうと二重敬語になってしまう。
また「~各位殿」という言葉も間違いである。
「殿」は本来対等な立場の人や目下の人に対して使う言葉である。
目上の人に対して使う「各位」と目下の使途に対して使う「殿」を一緒に使うことは絶対にしてはいけない。

しかし、例外的に認められた例もある。
電車やバスに乗っていると「お客様各位にお知らせいたします」というアナウンスを聞くことがよくある。
本来は「各位」と「様」を同時に使ってしまっているため、二重敬語にあたる。
しかし、時代の流れに伴って許容されつつある。
言葉というものは、絶対のものでなく、時代とともに変わっていくものである。
もし自分が今までつかってきた言葉が適切なのか心配になってきたら、一度調べてみることも大切である。

「ワードサーチ」は日常雑学・各種専門用語や業界用語などの意味を初心者にも分かる様に解説している用語集サイトです。
IT用語、お金・投資用語、ビジネス用語、日常雑学用語等を調べる際にご活用くださいませ。
「各位とは」の意味は、下記をご参考くださいませ。

日常雑学用語

ビジネス用語

IT用語

お金・金融用語

このページの先頭へ